TOPICS

インビザラインのマウスピースは正しく洗浄と保管をしましょう

インビザラインのマウスピースは1~2週間で新しいものに交換していきます。その間、マウスピースは毎日洗浄しながら使用し、使用していないマウスピースについては保管しておく必要があります。

 

今回は、インビザラインのマウスピースの正しい洗浄方法と保管方法についてご紹介します。

 

 

 

マウスピースの洗浄の必要性

インビザラインの治療中は、1日に20時間~22時間マウスピースを装着します。食事と歯磨きの時間以外はずっと装着しているということになるため、日々の洗浄を怠ると細菌が増殖し、劣化や黄ばみの原因となります。常に口の中に入れているものでもあるので、清潔に保つことが大切です。

 

マウスピースの洗浄のタイミング

1日のうちほとんどの時間マウスピースを装着しているため、どのタイミングで洗浄をすべきか迷うこともあるかもしれません。理想的な洗浄頻度は「食事の前に外し、食後マウスピースを装着する前に洗う」です。外す度に水洗いをできればベストですが、外出先などで洗う場所が確保できないときもあるかと思います。そのような場合は、最低でも1日に1回は洗浄するようにしましょう。

 

マウスピースの洗浄方法

マウスピースを外したら、流水下でやさしく擦り洗いをして、マウスピースの唾液や汚れを落としましょう。このとき、お湯は使わないように注意してください。マウスピースの材料は熱で変形し、歯に合わなくなってしまいます。

 

もし擦り洗いでも取れない程度の汚れがついている場合は、毛先の柔らかい歯ブラシで部分的に磨いても構いません。このとき、歯磨き粉は使わないようにしてください。強く磨いたり研磨剤を含む歯磨き粉を使って磨くと、マウスピースが摩耗する原因となるので避けましょう。

 

また、週に1回程度はマウスピース専用の洗浄剤を使うこともおすすめです。洗浄剤には水に溶かす錠剤や顆粒タイプのものや泡タイプのものもあります。使いやすいものを選んでいただいて問題ありません。

 

マウスピースの保管

洗浄したマウスピースは、しっかりと乾燥させてから専用のケースで保管しましょう。濡れたまま保管すると、雑菌が増えてしまう可能性があり、口臭やカビなどのトラブルの原因となります。また、暑くなる場所での保管もマウスピースの変形の原因となりますので、避けましょう。

 

使用期間が終わったマウスピースの保管

次の段階のマウスピースに変えたあと、直前まで使っていたマウスピースをすぐに破棄してしまわないようにしましょう。計画通りに進まないときに前のマウスピースに戻ったり、万が一現在使用しているマウスピースが破損してしまった場合に後戻り防止のために使用することもあるからです。また、旅行や出張など、長期間自宅から離れる際に予備のマウスピースとして携帯していただくこともあります。

 

治療後のマウスピースの破棄

インビザラインが完了したあとはマウスピースを破棄する方も多くいらっしゃるかと思います。マウスピースはプラスチック製ではありますが、再生資源にはならないため多くの地域では可燃ごみの扱いになります。ただし、分別のルールは自治体によって異なるため、詳しくは各自治体のホームページなどを参考に判断するようにしてください。

(※文京区では、プラスチック製品は可燃ごみの扱いになります。)

 

まとめ

インビザライン治療をスムーズに進めていくためにも、マウスピースを正しく洗浄し保管することはとても大切です。ぜひ、今回ご紹介した内容を参考にしてください。

 

当院ではインビザラインの無料相談も受け付けております。

お電話でお気軽にお問合せください。

TEL:03-3830-1500